不動産買取のマニュアル!売る前に知っておきたいこと

不動産の買取

不動産を売却する手段の一つとして「不動産買取」が挙げられます。不動産買取における一連の流れをこれからご説明するので、藤沢エリアで不動産買取を依頼する予定がある方はチェックしておきましょう。

不動産買取の流れ

査定を依頼

不動産買取に対応している会社に査定依頼を出します。不動産買取に対応している会社は全国各地に数多くあり、さらに買取価格はそれぞれの会社によって異なるので、複数の会社に査定を依頼しておくといいでしょう。

実地調査

ご自身が所有している不動産を買い取ってもらうためには、正確な調査が必要になります。マンション・一戸建てに関わらず、必ず実地での調査を依頼しましょう。実地調査を行ってくれない会社は買取価格に信憑性がないので避けるべきです。

買取価格の提示

実地調査が終了すると、不動産会社から買取価格が提示されます。そこで、価格にご納得が出来たら売買契約に移りますが、不動産会社からの見積りで納得ができないという場合には、交渉するのもいいでしょう。

不動産買取のマニュアル!売る前に知っておきたいこと

住宅模型

売買契約を結ぶ

買取価格や引き渡し条件などの打ち合わせをし、お互いに了承を得た上で、売買の契約日を決めます。契約当日には売買契約書を確認し、署名を頂く形になります。契約を結べば、後には戻れません。そのため、ご不明な点等がございましたら、事前に聞いておきましょう。

引き渡し

売買契約を行った後は、引き渡しの準備を行ないます。抵当権抹消手続き、公共企業や管理会社への引っ越し手続きなどを進め、円滑に引き渡しができるようにしましょう。決済日には銀行に行き、本人確認書類などを提出し、鍵や関係書類を引き渡すことで不動産買取が終了します。

不動産買取と不動産仲介

不動産の売却において「仲介」と「買取」の二種類の方法があることをご存知でしょうか。不動産仲介の場合には、売却したい物件を不動産会社へ預け、新聞社やチラシ、インターネットなどの広告で買主を探します。一方、不動産買取は文字通り、物件を不動産会社が査定し、買い取ってくれます。

不動産買取のメリット

不動産買取のメリットとしては、仲介とは違い、買主を募集する必要がないために、すぐに現金化できるということが一つとして挙げられます。また、新聞やチラシ、インターネットでの広告はしないので、周りの人に知られないで物件を売却することが可能です。そのため、すぐに現金が必要な方、不動産売却を他人に知られたくない方は不動産買取を選ぶべきでしょう。

意味を理解することが大事

不動産の売却には「仲介」と「買取」があり、それぞれでメリット・デメリットが存在しています。知らない方からすると、どちらも同じように思えるかもしれません。ですが、実際には様々なことが違います。不動産の売却で有利に進めるためにも、意味をよく理解して上で利用しましょう。

広告募集中